2019年10月でもWindows7からWindows10に無償アップグレードできました!

PC関連

2020年1月でWindows7はサポート終了となります。Windows10への無償アップグレードキャンペーンは2017年で終了していますが、その時にはWindows10へアップグレードしていませんでした。さて、どうしよう?今となってはもう無償でアップグレードできないのかといろいろ調べてみると、今でも(2019年10月)アップグレードできそうです。

Windows7がサポート切れになる前に何とかしたいと、今更ながら2011年発売のLet’s note  CF-J10QYBHRをWindows10にアップグレードすることに挑戦してみることにしました。

しかし、PanasonicのCF-J10は古いPCですので、メーカーサポートも保証されていません。しかも、Let’s note J10シリーズの中でも  CF-J10QYBHR にいたっては 「Windows 8 アップグレード手順書」に型番も載っていません。ダメもと覚悟でやってみました。

大まかな流れとしては、PanasonicのLet’s noteシリーズでは、Windows10をインストールする際に障害となるモジュールがあるのでそれを予め更新しておき、それから、Windows10をインストールし、新たな環境に対応モジュールをインストールするという手順になります。

PC準備

  • Windows7マシンのWindows Updateをして、OSを最新状態にしておきます。
  • 不要なアプリなどをアンインストールして、PCの空きを少なくとも20GB以上空けておきます。
    ※私の場合は25GBの空きでしたが、Windows10のインストールに成功しました。
  • サポート対象外のことですので、何が起こるかわかりません。PCのバックアップを取っておきます。
  • Office 2010 またはそれ以前のバージョンを使用していて、Windows 10 のクリーン インストールを実行する場合は、Office のプロダクト キーが必要になるので、控えておきます。
    ※設定やファイルを引き継いてアップグレードする場合は、プロダクトキーの入力は必要なく、ネット認証でOKでした。

Windows10のダウンロード

Windows10ダウンロードサイトhttps://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10 にアクセスします。

①の赤丸で囲んだところをクリックして、手順を確認します。

②「ツールを今すぐダウンロード」をクリックして、「MediaCreationTool1903.exe」ファイルをUSBに保存しておきます。
USBは、8 GB 以上の空き領域がある空の USB メモリー を用意しておきます。

PCのメーカーサイトで確認し、必要なファイルをダウンロードします

メーカーサイトで、Windows10へのアップグレードが保証対象の機種であるかどうか確認し、必要なファイルをダウンロードしておきます。

参考 パナソニック Windows10 サポート情報 サイト
   http://askpc.panasonic.co.jp/win10/

Panasonic CF-J10の場合は Windows 10 へのアップグレード対象機種 ではないため、Windows 10アップグレード対応モジュールがありません。Windows 8アップグレード対応モジュールで対処します。 下記サイトにアクセスして、必要なファイルをダウンロードしておきます。

J10以外のパナソニック製パソコンの場合は下記検索ページにアクセスし、赤丸で囲んだところに機種名を入れ、検索してください。
パナソニック ダウンロード検索ページ
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/dl/

ダウンロードした 「 [PDF] Windows 8 アップグレード手順書 」 を印刷しておくとわかりやすいです。
この手順書を見ながら作業していきます。

ダウンロードしたプログラムをダブルクリックして実行します。

  1. ダウンロードしたプログラムをダブルクリックして実行します。 「ユーザーアカウント制御」ウィンドウが表示されたら、[はい(Y)]をクリックします。
  2. 使用許諾契約の画面が表示されますので、内容をよく読んで、[はい(Y)]をクリックします。
  3. 展開先フォルダーを設定する画面が表示されます。プログラムが自動的に作成しますので、特に変更す る必要はありません。標準では「c:\util2」が設定されています。 [OK]をクリックしてください。
  4. [ファイルの展開が完了しました。]と表示されますので、[OK]をクリックしてください。 (ファイル容量が大きい場合は、展開に時間がかかります。)

アプリケーションのアンインストールとドライバーの更新(作業:Windows 7 環境)

以下のアプリケーションをインストールしている場合は、[コントロールパネル]→[プログラムのアンインストー ル]で指定して、順番にアンインストールを実行してください。

Windows 8 には対応しないアプリケーション のアンインストール

  • ぴったりビュー
  • ズームビューアー
  • ネットセレクター2
  • セキュリティ設定ユーティリティ
  • オプティカルディスクドライブ文字変更ユーティリティ [CD/DVD ドライブ搭載モデルのみ]
  • ワイヤレス WAN 拡張機能設定ユーティリティ [ワイヤレス WAN 搭載モデルのみ]
  • Intel(R) WiDi

Intel(R) Dynamic Platform & Thermal Framework ドライバーの更新

Panasonicの CF-B10P・J10R以外のモデル では Intel(R) Dynamic Platform & Thermal Framework ドライバー をアンインストールしないままでは、Windows 10 のセットアップ時にブロックされるため、 セットアップを進めることができなくなりますので、必ず以下の操作を完了してからWindows10をインストールします。

  1. [スタート]→[コンピューター]より、C:\util2\drivers\etm3 フォルダを開きます。
  2. フォルダ内の Setup(.exe) をダブルクリックします。
  3. 「ユーザーアカウント制御」の画面で[はい(Y)]をクリックします。
  4. 「セットアップ プログラムへようこそ」の画面で[次へ(N)]をクリックします。
  5. 「使用許諾契約書」の画面で使用許諾内容をよく読み、[はい(Y)]をクリックします。
  6. ドライバーのインストールが実行され、「セットアップの進行状況」画面で「[次へ]を クリックして続行してください。」と表示されたら、[次へ(N)]をクリックします。
  7. 「セットアップ完了」と表示されたら、[いいえ、コンピューターを後で再起動します。]を選択し、 [完了(F)]をクリックします。
  8. C:\util2\drivers\etm3 フォルダ内の LPOSetting(.js) をダブルクリックします。
  9. 「ユーザーアカウント制御」の画面で[はい(Y)]をクリックします。
  10. 「Success. Restart your computer.」と表示されたら [OK] をクリックします。
  11. Windows を再起動します。

インテル(R) PROSet/Wireless WiFi ソフトウェア の更新[Intel WiFi 搭載モデルのみ]

バージョンが 14.03.1000 よりも古い場合、本ソフトウェアを更新しないままでは、Windows 10 のセットアップ時 にブロックされるため、セットアップを進めることができなくなりますので、更新します。すでに 15.x.x.x がインストールされて いる場合は、本ソフトウェの更新は不要です。

ソフトウェアのバージョン確認方法

  1. [コントロールパネル]→[プログラムのアンインストール]をクリックし、プログラムの一覧を表示し ます。
  2. [インテル(R) PROSet/Wireless WiFi ソフトウェア]のバージョンを確認します。

バージョンが14.03.1000よりも古かった場合

  1. [インテル(R) PROSet/Wireless WiFi ソフトウェア]を選択し、[変更]をクリックします。
  2. 「インテル(R) PROSet/Wireless WiFi ソフトウェア用の InstallShield ウィザードへようこそ」が 表示されたら、[次へ(N)]をクリックします。
  3. 「プログラムのメンテナンス」が表示されたら、[削除]を選択し、[次へ(N)]をクリックします。
  4. 「ユーザー定義の設定の保存」が表示されたら、[保存(S)]を選択し、[次へ(N)]をクリックします。
  5. 「ユーザーアカウント制御」ウィンドウが表示されたら、[はい(Y)]をクリックします。
  6. 「InstallShield ウィザードを完了しました」画面が表示されたら、[完了(F)]をクリックします。
  7. [プログラムのアンインストール]を閉じます。
  8. [スタート]→[コンピューター]より、以下のフォルダを開きます。 32 ビット OS の場合 : c:\util2\drivers\wlan1\Win7\S32\Install 64 ビット OS の場合 : c:\util2\drivers\wlan1\Win7\S64\Install 9
  9. フォルダ内の silent_w7_install(.bat) をダブルクリックします。
  10. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示されたら、[はい(Y)]をクリックします。
  11. 「インテル(R) PROSet/Wireless WiFi ソフトウェア」の表示が消えればインストール終了です。
  12. Windows を再起動します。

「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」場合は その他のアプリケーションやドライバーについても「Windows 8 アップグレード手順書」に従ってアンインストールと更新を行っていきます。

Windows 10 にアップグレードする

USBメモリ内の setup.exe をダブルクリックして、実行します。
画面の指示に従って、インストールを進めていきます。途中、引き継ぐ項目の選択がありましたが、PCの空きが元々少なかったのとメインPCではなかったで、この際、アプリは必要なものだけにしようと思い、「何も引き継がない」設定で進めました。

途中、何回か再起動されました。ダウンロードに時間がかかったりしていたので、そのまましばらく放置していたら、「お住いの地域はこちらでよろしいですか?」画面になっていました。

Windows 8 対応ドライバーをインストールする(作業:Windows 10 環境)

無事、Windows10にアップグレード出来たら、「 Windows 8 アップグレード手順書 」 を見ながら、必要なドライバをインストールしていきます。

SDカードが読めない場合

Windows10にアップグレードすると、SDカードが認識されないことがあります。
こちらのサイトの情報を見て、無事、解決しました。

Windows10にするとSDカードが認識しない!というエラー解決。 – ホームページ制作&パソコンメンテの魔女っこ・かんぱにー

以上で、Windows7のノートPCがWindows10になりました。ただ、無線接続がうまくいかないようで、PC手前の切り替えスイッチを一旦OFFにしてそれからONの方にスライドさせると繋がるようです。

古いPCのWindows10へのアップグレードはメーカー保証の対象外ですので、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

(Visited 48 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました