フォントでコーナー飾り

[`evernote` not found]
LINEで送る

Dingbat(絵文字)を使ってコーナー飾りを作成します。
コーナーに画像を配置する際には「ガイド」を利用すると正確に配置できて便利です。

(以下、この記事中のすべての画像はサムネイル表示になっていますので、クリックすると大きな画像になります。)

Step 1

素材画像を開きます。
corner1
(ここでは400x266ピクセルの画像を使って操作しました。
文中のサイズはこの大きさの画像に適したものになっていますので、実際に画像加工される場合には、お使いの画像サイズに応じて、適切なサイズに変えてください。)

Step 2

ガイドを引きます。
corner_guide
コーナーに画像を正確に貼り付けるためにガイドを使います。ガイドについては「ガイド」も参照してください。
X軸方向:4、396 Y軸方向:4、262 の位置にガイドを追加します。
つまり、縦軸も横軸も縁から4px内側にガイドを持ってきます。

(追記に記載した方法で作業する場合はこの操作は不要になります。)

Step 3

絵文字を入力してコーナー画像を作ります。
corner3
ここでは一例として下記の通りに設定しました。

描画色 : #bcac53
フォント : Designer Corners
大きさ : 100px

※フォントは http://www.houseoflime.com/ さんからDLさせていただきました。

corner4
画像上でクリックして、文字エディタを開き、「z」と入力し、「閉じる」をクリックします。

(追記に記載したようにガイドを利用しないでフォントのコーナーを移動させる場合は、ここでまずフォントを適切な位置に配置しておきます。そして、「レイヤー」→「レイヤーを画像サイズに合わせる」をクリックしてレイヤーを画像サイズと同じにしておきます。)

corner5
「レイヤーを複製」ボタンを3回押して、コーナー用画像をあと3個作ります。

Step 4

コーナー画像を適切な位置に移動させます。
corner6

「z#1」レイヤーが選択されている状態で画像ウィンドウの「レイヤー」→「変換」→「水平反転」とクリックします。
corner7
水平反転したコーナー画像を移動ツールで右端のガイドの近くへ持って行きます。
ガイドの近くで手を離すと、ガイドにくっつきます。
この際、移動ツールのオプションで移動対象を「現在のレイヤーを移動」にチェックマークを入れておくと楽です。

 

(追記に記載した方法で操作する場合はこのステップは必要なくなります。)

corner8
同様に、「z#2」レイヤーは「レイヤー」→「変換」→「垂直反転」して、左下へ移動させ、「z#3」レイヤーは「レイヤー」→「変換」→「180度回転」をして、右下に移動させます。「z」レイヤーも位置を整えておきます。
これで4つの角に画像が配置されました。

Step 5

4つのコーナー画像を統合して、影をつけます。
corner7
背景レイヤーを非表示にして、レイヤー上で右クリックし、「可視レイヤーの統合」を選択します。

corner8
「統合」をクリックして、可視レイヤーを統合します。

※ 参考
もし、コーナー画像をパターンで塗りつぶしたい場合は、レイヤーパレットで、この統合されたレイヤーで右クリックし、「選択領域をアルファチャンネル」をクリックしてコーナー画像を選択した状態で、パターンで塗りつぶすことができます。
corner9
corner10

次に影をつけます。
「フィルタ」→「光と影」→「ドロップシャドウ」
ドロップシャドウの値はお好みの数値を入れてください。

 

おまけ

さらに点線の外枠を付けてみました。
corner11
矩形領域選択ツールでガイドを囲み、四角を選択範囲にします。
画像ウィンドウで「編集」→「選択領域をストローク描画」とクリックします。
corner12
左図のように「線幅」2.0、「既定の破線」密点にして「ストローク」をクリックして点線を描きます。

その後、「選択」→「なし」にしておきます。

Step 6

corner11

背景画像を表示して、画像の統合をしておきます。
出来上がり!

 

(この記事はGIMP Portable 2.4.5を使って作成しました。バージョンによっては多少表記が異なる場合があるかもしれません。)

【追記】2008.09.20
グリッドを使用して移動するのが面倒な時は、Step 3で最初のコーナーを作った際に、「レイヤー」→「レイヤーを画像サイズに合わせる」をクリックしておくと、フォントのレイヤーも画像サイズと同じ大きさになります。
そして、そのレイヤーを3回コピーし、それぞれ 「レイヤー」→「変換」→「水平反転」、「垂直反転」、「180度回転」を行うと、ガイドを使用しなくても楽に移動させることができます。その際は上記の操作でStep 2を省いて進めてください。

ブラシで作成したコーナーの場合は、最初からレイヤーが画像サイズになっていますので、そのまま、「レイヤー」→「変換」→「水平反転」、「垂直反転」、「180度回転」を行うだけで良いです。

関連記事:

[`evernote` not found]
LINEで送る