Pierre de Ronsard ピエール・ド・ロンサール

pierre1.jpg
撮影日: 2000年5月
96年に「バラの園を夢見て」という本でこのバラを目にして、
このバラが欲しい!と思っていたバラです。
翌年のタキイのカタログに見つけて喜んで注文してみたものの、
その年は品切れで手に入りませんでした。
しかし、その後の園芸ブームで、
近くのホームセンターでも簡単に手に入るようになりました♪
開きかけのコロンとした蕾がとても可愛いです。o(*^-^*)oニコ

購入日: 1998年10月26日
購入店: SXL

Graham Thomas グラハム・トーマス


(クリックすると拡大表示します。)
撮影日: 2000年5月
前の家のリビング側からアーチを見たところです。
専用庭はフェンスで仕切られていたのですが、
一箇所、外へ出られるように扉になっていました。
そこにアーチを設置し、Graham Thomas グラハム・トーマスを絡め、
バラのアーチをくぐって出入りできるようにしていました♪
このGraham Thomas グラハム・トーマスの黄色は芝生のグリーンとよく似合います。
右のピンクのバラはMary Rose メアリー・ローズ、
赤いバラはL.D.Braithwaite L..D.ブレイスウェイトです。

Eglantyne マサコ

eglantyne1.jpg

撮影日: 2000年5月

David Austinのカタログ記述を読んで欲しくなったバラです。
その記述は次のようなものでした。
「弊社の最も美しいバラの一つ。巨大輪で非常に美しいロゼット咲き。
花弁は縁が少し上向き、ほぼ受け皿状。花色は純ピンク、香りは芳香。
樹形は理想的で、中樹高、横広、叢生状。葉は美しく、病気もほとんどない。
園芸植物としてあらゆる面で卓越。樹高100㎝×90㎝。」
ちょっと褒めすぎという気がしますが、
実際に、色や香りは十分に満足のいくものでした。o(*^-^*)oニコ

■ 購入日: 1999年11月23日
購入店: SXL
■ 購入日(届いた日): 1997年12月11日
購入店: ローズ・オブ・ローゼズ

The Prince ザ・プリンス

the_prince1.jpg
撮影日: 2000年5月
まだ手持ちのイングリッシュローズが少なかった頃、
よくホームセンターのバラ売り場を覗いていました。
そんな時、売れ残って少し弱ってしまったバラがいくつか
特価品として売られているのを見つけました。
でも、まだ、品種名など良く知らなかった頃ですので、
名前を見ただけではどんな風に育つバラかわからなくて、
自宅に帰ってカタログで調べて、うんこれならいいわと確認して、
もう一度お店に戻って買いました。(^^ゞ

購入日: 1998年06月28日
購入店: SXL

Luise Odier ルイーズ・オディエ

luise_odie1.jpg
撮影日: 2000年5月
「バラの園を夢見て」の梶みゆきさんの
「枝は細く、しなやかで、花弁が中心から噴水のように広がっているすてきな花。
秋にも花が見られます。」
という記述にひかれて探していたバラです。
春まだ浅い頃、駒場バラ園で小さな新苗を見つけました♪

購入日: 1997年03月31日
購入店: 駒場バラ園 (新苗)

Graham Thomas グラハム・トーマス

thomas3.jpg
撮影日: 2000年5月
Mary Rose メアリー・ローズ、Gertrude Jekyll ガートルード・ジェキルとともに
初めてローズ・オブ・ローゼズに注文した薔薇です。
「イングリッシュローズのうちで最も広く需要がある交配種。」
とカタログには載っていたのですが、
実際に育ててみてさらに好きになりました。
この薔薇は父も好きでした。
この年の冬、入院中の父にこの花を届けたくとも
花が咲いていなかったので、代わりにこの画像を
A4サイズに印刷して持って行きました。
病室の白い壁に飾ると父はとても喜んでくれました。
思い出の一枚です。

購入日(届いた日): 1997年03月08日

購入店: ローズ・オブ・ローゼズ