ペットをマスコット風に!



可愛い可愛いあなたのペットをマスコットのようにしてみませんか?
ラベルシートなどに印刷して、お好きなところにペッタンしてもいいかもしれませんね。o(*^-^*)oニコ
ここではスマートな方法は使わずに、単純に消しゴムでごしごしと消す方法でやってみました。

Step 1

Elementsで画像ファイルを開きます。

お友達のクーのままさんからお借りしたクーちゃんの写真です。かわいいですね。o(*^-^*)oニコ

Step 2

残念なことに足がちょっと切れているので修正しておきました。
修正が必要でない場合は、Step 2 と Step 3 を飛ばして、Step 4 にお進みください。
右と下にスペースを作りたいので、下のようにします。
メニューバーから「イメージ」→「サイズ変更」→「カンバスサイズ」
変更後のファイルサイズの幅と高さを大きくし、基準位置を左上にします。

Step 3

スタンプツールで足を描き足します。
コピースタンプツールを使って描き足します。
ツールパレットからコピースタンプツールを選び、複製する際に基準にしたい部分を「Altキー」 + クリックします。
そして、継ぎ足したい部分へカーソルを持っていってドラッグします。
ここでは基準点を繰り返し複製するのではなく、広い範囲を複製したいので
オプションバーの「調整あり」にチェックを入れておきます。
mascot7.jpg

Step 4

背景を消します。
毛足の長いペットなどの輪郭をうまく選択するのは少し難しいです。
ここでは単純に消しゴムで消してみました。
消しゴムツールを使うときは使う部分にあわせてブラシの大きさを変えると楽です。
「サイズ」設定で直径を大きめにして、まず、大まかに背景を消去し、それから、サイズを小さくして細部を消去します。
細かい部分が見辛い場合は拡大表示して作業します。
mascot8.jpg

Step 5

白い輪郭を作成します。
写真画像のレイヤー名が「背景」になっている場合はレイヤーパレットで名前をダブルクリックして、
「レイヤー0」と変更しておきます。
レイヤーパレットで新規レイヤー「レイヤー1」を作成し、「レイヤー0」の下にドラッグしておきます。
次に「多角形選択ツール」を選び、クリックしながら白く塗るための輪郭を作成していきます。
そして、描画色を白にした状態で「編集」→「塗りつぶし」→「描画色」をクリックして、白で塗りつぶします。
「Shift」+「Ctrl」+「I」で選択範囲の反転をして、「レイヤー0」をアクティブにした状態で「Delキー」を押して削除します。

Step 6

境界線を描いて輪郭を作成します。
「Ctrl」キーを押しながらレイヤーパレットでレイヤー1をクリックして、白く塗りつぶした部分を選択します。
レイヤーパレットで、新規レイヤー「レイヤー2」を最上位に作成します。
そして、選択範囲が点滅している状態で、「選択範囲」メニューから「選択範囲を変更」→「縮小」を選択し、
「選択範囲を縮小」ダイアログで縮小量を設定します。
さらに、「編集」→「境界線を描く」で「境界線」ダイアログで幅と、好みの色を設定して境界線を描きます。
「Ctrl」+「D」で選択範囲の解除をしておきます。

Step 7

境界線を点線にします。
境界線を消しゴムで消しながら点線を作っていきます。
ツールパレットから消しゴムを選び、サイズを設定して、境界線を好みの間隔でクリックして消去し、点線を作っていきます。
mascot11.jpg

Step 8

小物をつけます。
カスタムシェイプから二重丸を選び、紐通し穴を作ります。
丸を選び、変形させて、紐を作ります。
レイヤーパレットでレイヤーを右クリックして「レイヤーをラスタライズ」を選ぶと
シェイプの変形ができるようになりますので、大きさの調節や移動をしてください。

出来あがり!

mascot12.jpg

関連記事:


このサイトは スタードメインミニバード を利用しています。

 
月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード