カスタムシェイプを使ってフレームを作ってみましょう



カスタムシェイプを使ってフレームを作ってみましょう。
レイヤースタイルを使うと簡単にフレームの素材感を出せます♪

Step 1

編集したい画像を開き、画像サイズを適当な大きさにしておきます。

Step 2

フレームを選択します。

① ツールボックスの「カスタムシェイプ」をクリックする。
②、③とクリックして、フレームシェイプ一覧画面を出し、好みのものを選ぶ。
色は「カラー」のところをクリックして、好みの色にする。

Step 3

ドラッグしてフレームを作る。

Step 4

レイヤーをラスタライズする。

Step 5

自動選択ツールでフレームの外側を選択する。

Step 6

フレームの外側の背景画像を消します。

今度は背景レイヤーをクリックして、背景をアクティブ状態にして、「Del」キーを押して削除、
あるいは「編集」→「消去」で周囲の画像を消します。
「Ctrl」+「D」で選択範囲の解除をしておきます。

Step 7

フレームに立体感をつけます。

立体感を出すにはシェイプレイヤーをアクティブにして、「レイヤースタイル」→「ベベル」→「扇形」などにします。

木目調のフレームにしたい場合はさらに「レイヤースタイル」→「パターン」→「オーク」などをつけます。

ネット上からDLしたスタイルをつけてもいいです。この画像はInlaid Wood Bevelsスタイルをつけました。
DL先:  Inlaid Wood Bevel Layer Styles (海外サイトです。)

おまけ

さらに、フレームレイヤーをコピーして、「レイヤースタイル」→「光彩(外側)」→「太(ノイズ)」を付けてみました。

関連記事:


このサイトは スタードメインミニバード を利用しています。

 
月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード