Free Matted Frame Layer Stylesを使った額縁


IMG_3589 Photoshop & Photoshop Elements 向けに配布されているレイヤースタイルを使って、簡単に額縁を作ることができます。

ここでは、Free Matted Frame Layer Styles を利用させていただきました。マットも付いた本格的なフレームがとても簡単に作れます。

ダウンロードは以下のリンク先よりできます。(リンク先は海外サイトです。)
Set1からSet4までの合計48個のレイヤースタイルが載せられています。
http://graphicssoft.about.com/od/photoshopstyles/ss/sksmattedframes.htm

※画像は全てサムネイル表示になっています。クリックしてご覧ください。

 

Step 1

加工したい写真を開いて適当なサイズに縮小しておきます。
そして、レイヤーパレットで背景レイヤーの上で右クリックし、選択メニューから「レイヤーを複製」を選んで、背景レイヤーを複製します。

WS000187

 

Step 2

イメージ→サイズ変更→カンバスサイズとクリックして下の画面を開き、カンバスサイズを大きくします。
ここでは、幅、高さともに100pxずつ大きくしました。

WS000185

Step 3

下図のように、写真の周囲に枠ができました。
次に、「背景」を通常のレイヤーに変換します。
レイヤーパレットで「背景」をダブルクリックします。
そして、レイヤーパレットの名前を「背景」から「額縁」に変更します。

WS000188

Step 4

「額縁」レイヤーがアクティブな状態で、好みのレイヤースタイルを適用します。
ここでは、Style36を付けてみました。

WS000189

Step 5

レイヤースタイルをつけることによって画像サイズが大きくなっています。
見えない部分も表示できるように「すべての領域を表示」します。

WS000192

出来上がり

IMG_3589

写真のレイヤーに「ベベル・分水線(内側)」を付けてみたのが下の画像です。

IMG_3589_2

この額縁の他にも次のような額縁を簡単に作ることができます。

IMG_3589_9 IMG_3589_11 IMG_3589_23 IMG_3589_27 IMG_3589_30 IMG_3589_33 IMG_3589_37 IMG_3589_41 IMG_3589_43 IMG_3589_48

レイヤースタイルの追加について

Photoshop Elements 2.0では
C:Program FilesAdobePhotoshop Elements 2プリセットスタイル フォルダに .asl ファイルをコピーペストします。

Photoshop Elements 6.0以上については下記記事をご覧ください。
Photoshop Elements 6.0 レイヤースタイル追加方法

関連記事:


このサイトは スタードメインミニバード を利用しています。

 
月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード