ブラシを使ったぼかし


viola

ブラシを使ってぼかします。写真に直接加工を加えるのではなく、写真レイヤーの下にマスクの役割を果たすレイヤーを作成し、「下のレイヤーとグループ化」を使ってぼかします。実際にやってみると、面白くて、思っていたよりもずっと簡単にできることがわかります。Photoshop Elementsのどのバージョンでもできるやり方です。

 

 

 

Step 1

加工したい画像を開き、画像サイズを適当なものにしておきます。そして、このレイヤー名を「写真」とします。

viola2

Step 2

新規レイヤーを作成し、好みの色で塗りつぶします。そして、レイヤー名を「台紙」とつけます。
その後、レイヤーパレットで写真レイヤーの下にドラッグして移動させます。

viola3

Step 3

さらにもう一つレイヤーを新規作成して、「マスク」と名前を付けます。

そして、好きなブラシを選択してクリックを重ねて、見せたい部分を描画します。このときの描画色は、ここでは白にしましたが、色は他の色でも大丈夫です。ブラシは輪郭の柔らかいタイプのものが適しています。ここでは、In Obscuro Texture Brushes for Photoshop の texture05 を使用しました。

Step 5で形を修正できますので、ざっと小さめの塊を作っておきます。あまりべた塗りしない方がブラシの模様がうまく出ます。

viola4 viola5

Step 4

レイヤーパレットで、「写真」レイヤーをクリックして選択した状態で、キーボードの「Ctr」+「G」を押して、下のレイヤーとグループ化します。(メニューバーから「レイヤー」→「下のレイヤーとグループ化」を選んでも良いですが、キーボードのショートカットを覚えておくと便利です。)

viola6viola7

Step 5

下のレイヤーとグループ化されると画像は下図のようになります。

viola9

マスクレイヤーを選択状態にして、見せたい部分が見えるようにブラシを重ねて修正します。
マスクレイヤーの不透明度を下げると画像全体が台紙に馴染んだような 印象になります。

viola8

Step 6

文字を入れ、お好きなレイヤースタイルを付けたりします。
画像を統合して出来上がりです。

viola

参考

20090222 「マスク」レイヤーの不透明度をグッと下げ、スクラップブックの台紙のようにしました。そして、その上に、フレームをつけた同じ写真をのせてみました。

リンク

Nela Dunato Photoshop Brushes

上で使用した「In Obscuro Texture Brushes」の作者Nela Dunatoさんの他のPhotoshopブラシがダウンロードできます。紙の質感を表現できるブラシ「In Obscuro Paper Brushes」や、小さくてかわいい花柄やボーダーの「In Obscuro Pixel ornaments」など魅力的なブラシが多数あります。

関連記事:


このサイトは スタードメインミニバード を利用しています。

 
月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード