GIMPをシングルウィンドウモードで使う


GIMP 2.8 からユーザーインターフェースがマルチウィンドウモードとシングルウィンドウモードの 2 通りを選べるようになりました。マルチウィンドウの場合は、間違えてレイヤーウィンドウを閉じてしまったり、使いたいウィンドウが隠れてしまったりと少し使いづらいところがありますので、シングルウィンドウにして使ったほうが便利だと思います。
インストールして起動したばかりの初期状態では、マルチウィンドウモードになっていますので、シングルモードで使うには、以下のように、画像ウィンドウのメニューから、「ウィンドウ」 → 「シングルウィンドウモード」 を選びます。

single_window1

そうすると、以下の画面のように左右のパネルは固定され、その間の領域は全域、画像ウィンドウになります。左右のパネルの横幅は拡げたり縮めたり調節できますので、狭ければドラッグして広げます。

single_window2

その後 GIMP を終了してもこの設定は保存されていますので、 次回は最初からシングルウィンドウモードで起動します。

シングルウィンドウモードへの切り替え手順はGIMP Portableについても同様です。

 

関連記事:


このサイトは スタードメインミニバード を利用しています。

 
月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード