額縁スクリプトを使って


以前の記事はGIMP2.4における手順でしたので、GIMP2.8対応のため一部修正しました。


fck20070831223954bf027d8212e75d16額縁スクリプトを使うと、左のようなフレームも簡単に作れます。マットやフレームの幅・色・パターンなどは好みのものに変えられます。フレームの幅を変えてダブルフレームにしたり、フレームとフレームの間にマットを入れたり、工夫次第でいろんな額縁が作れます。(^_-)-☆

 

Step 1

まず、額縁スクリプトを下記ページ 赤で囲んだ所をクリックしてダウンロードします。
http://gimpscripts.com/2011/10/mats-and-frames/

ダウンロードしたファイル「mats-and-frames.scm」を
C:\Users\ユーザー名\.gimp-2.8\scripts あるいは
GIMPPortable\Data\.gimp\scripts
など、 scripts フォルダに保存します。

保存後にGIMPを起動 します。
すでに起動してる場合は「フィルタ」→「Script-Fu」→「スクリプトを再読み込み」をクリックします。

Step 2

これで新しく追加したスクリプトが使えるようになります。
まず、マット部分を作成します。
素材画像を開いて適当なサイズに縮小しておきます。
「フィルタ」→「装飾」→「Edges」→「Add Matte」をクリックします。

Add Matte

マットの塗りつぶし色などを設定します。
マット設定色で塗りつぶしたい場合は赤で囲んだところをクリックして「マット設定色」を選びます。
マットに凹凸を付けたい場合は「パターン模様で凹凸を付ける」にチェックマークをつけ、「ブラウズ」ボタンをクリックしてパターンを選びます。

WS000092 WS000093

Step 3

フレーム部分を作成します。
「フィルタ」→「装飾」→「Edges」→「Add Frame with Bevel」とクリックします。

フレームの塗りつぶしなどを設定します。
パターンを選ぶ場合は赤で囲んだところをクリックして「パターン」を選んだ後、

frame3

赤で囲んだ「ブラウズ」をクリックして「Script-Fuパターン選択」画面を開いて好みのパターンを選択します。

frame4

Step 4

「画像」→「画像の統合」をして完成です。

(2015/03/03 更新)

関連記事:


このサイトは スタードメインミニバード を利用しています。

 
月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード